今はかなり不景気で、大学卒業してからそれまで勤めていた会社では将来が見えないというか、一生やっていくことができるか不安だったんです。

この不安を抱えたままこれからも仕事をしていくよりだったら、まだギリギリ若い今のうちに将来的に安定することができる資格を取得しておくのも良いのではないかと思いました。

そんなときにこの行政書士試験のことを知ったのです。

行政書士は国家資格で、この行政書士の資格を取得することによって、かなり出来る仕事の幅が広がるので将来的に安定することができるのではないかと思いました。

それから会社に通いながら行政書士試験に向けて、通信講座で受験対策をすることにしました。

今まで法律のことは一切学んだことが無かったので、すごく難しく感じたし不安でした。

行政書士資格の情報を得るべく、ネットで探してみても、行政書士試験の難易度はかなり高く、受験者は多いものの、全体の2割くらいしか受からないといった記述も見ていたので、かなり不安でした。

通信講座でしているこの勉強もちゃんと意味があるのかなと疑心暗鬼になったりもしました。

けれども会社に行きながら行政書士試験の対策をずっと一生懸命続けていたら、なんとか行政書士試験に合格して行政書士の資格を取得することができました。

ネットでは行政書士試験の難易度はかなり高く、合格者も10%をきるくらいだとずっと見ていたので、不安だったのですが、行政書士試験は誰でも受けることができる試験らしいのです。

誰でも受けることができる試験だから軽い気持ちで受験をする人も多いらしく、そういう人たいがいるから合格率がかなり低いように感じてしまうだけだそうで、難易度的にはそんなに難しいわけでも無いらしいです。

スクールに通ったり通信講座でちゃんと勉強をしたら合格することができるくらいの難易度だそうです。

わたしは今、行政書士の事務所で働いています。

今までと比べてもちろんですが仕事の幅も広がって、将来的にも安定を感じることができるので、行政書士の国家資格を取得することができて本当に良かったと思います。

行政書士の国家資格を取得しようと思っている人は行政書士資格の勉強をしっかりして受験をすれば難易度はそんなに高い試験でも無いと思いますので頑張ってみてください。