離婚は、不幸の始まりではありません。
離婚は、幸せへの第一歩です。
特に、夫のDVや浮気などの場合は、離婚しなければ一生不幸になってしまいます。
迷わず、弁護士に相談しましょう。
主な離婚問題としては、子供の親権や養育費、財産分与、慰謝料などがあります。
子供の親権は、小さい子供には母親が欠かせない存在となることから、通常は母親が持つことになります。
そこで、子供が成人する頃まで養育費が夫から支払われるように取り決めます。
ただし、養育費の額は、双方の収入によってほぼ決まり、子供一人当たり3万延程度という場合も少なくありません。
そこで、今まで専業主婦だった人も、離婚後は生計を立てるために働きに出る必要があります。
財産分与とは、夫婦が結婚してから一緒に築いた財産を、約1/2ずつ分けるというものです。
慰謝料については、たとえば夫が浮気した場合などに発生します。
ただ、決定的な証拠がないと、裁判になった途端にしらばっくれるようなことも多く、注意が必要です。