相続問題 についてですけど、相続問題で骨肉の争いをするって言うのは良く聞く話ですから、出来るだけそうならないように努めたいですよね。
生前に、相続についてきちんと遺言状を作成し、相続に関して話しておいたりするのがベストだと思いますが、なかなかそういう理想的に相続の準備が出来ない事も多いと思います。
そうなると、残され遺族で話し合うわけですが、法的な解釈や、個人的な解釈が入り乱れて、親族間で争いが勃発って言うのはパターンです。
ですから私はそういう相続問題については法律の専門家の弁護士とかの第三者に間に入って貰うのが良いと思います。
場合によってはそれぞれの立場で弁護士さんを雇っても良いと思いますし、直接親族同士が遺産相続で争っても問題がこじれるばかりですからね、弁護士を通して、きちんとその相続問題を解決するのが良いでしょう。
残された遺族が胃酸の事で揉めると言うのは故人の望む所では無いですから、醜い争いに発展しないように、弁護士さんに間に入って貰うのが良いと思います。