相続問題これは、大変なことになるということです。
財産のない私にはよくわからないことですがそれでも地主と呼ばれるおうちがご近所にあるのですが、そのご頭首がなくなったときは、だれが財産をどの程度もらうということでもめているということを聞きました。
それまでは兄弟や親戚の関係はまぁ良好ときいてたいのですが、財産問題が勃発してからは喧嘩がたえないらしいという噂を聞きました。
財産といっても庶民が手に入れるような額でないので、それは大変な金額ですから骨肉の争いになる勢いだったらしいですが、結局は、法律のプロのかた弁護士なのか司法書士なのか行政書士なのか私にはわからないのですが、その道のプロがはいってなんども話し合いが行われているようだと聞いています。
話し合いの舞台にようやくみんなが集まっただけでも進歩なのかもしれません。
ですからそう考えると、財産のある家には必ず遺言書が必要なのかもしれないと思うのです。