資本主義社会において、国家が存続して国民に行政サービスを行なうためには、国民及び法人から税金を徴収して、その税収を使って、さまざまな行政サービスを行なうということになっています。
そうなると、徴収される税金制度がどのようになっているかということを、税金を納める国民や法人の側は良く知っていなくてはならないわけですが、全てを専門的に知っているというわけにはいかないので、税理士という、税務に関しての専門知識をもって業務を行なうということを、国家によって認定された有資格者に教えてもらう必要があります。
複雑な税制度における、適切な納税を促すためには、税理士のような専門家の存在は不可欠だといわれています。
それで、インターネットで少し調べてみたところ、税理士とは、税務に関する専門家として国家資格をもち、適正な納税義務の実現を図るために、相談業務などを行なう職業だということが分かりました。
納税義務は日本国憲法に定められた国民の義務として重要ですから、その実現のために税理士という国家資格が設けられていることも、納得がいくと思った次第です。